four dramatic factory

...the fact of a certain man.

oyatsu time

f:id:fourdramaticfactory:20211120160015j:plain

 

つい最近、とっても素晴らしいコーヒー豆を手に入れて、

来る日も来る日も今日という日を待ちわびていたのです。

 

何を隠そうこの私、

コーヒーと和菓子はとてつもなく相性が良い!

 

・・・という秘密を知ってたから、

これはもう、豆大福だよな、

とっておきの、おやつタイムには。

 

fourdramaticfactory.com

 

そういう流れで、15時を迎える予定でした。

 

・・・が、

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20211120160723j:plain

 

近所というか、お隣りというか、

隠れ家みたいな、おやつ屋を発見!?

 

知らなきゃ気付かない、

知ってても分からない、

 

そんな場所。

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20211120160855j:plain

 

えー!?

おいしいおやつが焼けてるんだって??

 

本当に5〜60cmぐらいしかない隙間へ入ると、

奥のほうに、只者でない雰囲気の看板が見えた。

 

はて、どんなおやつが待ち構えているのだろう。

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20211120161410j:plain

 

ふふふ、看板に描かれた謎の絵の正体はコレだったか。

 

ニヤニヤしたい気持ちもスキップしたい衝動も抑え、

おやつを2個、エコバックに入れてもらって帰宅。

 

fourdramaticfactory.com

 

さあて、ゴリゴリマシーンで豆を粉砕するゾ。

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20211120162337j:plain

 

本日の教訓『ドリップは集中して行うべし』

 

もっとチロっとお湯をかけ回したかったし、

最初に豆を蒸らすのも忘れてました。

※スマホ片手で集中力ゼロという始末・・・

 

あーん、でも、すっげー良いかほり。

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20211120162705j:plain

 

バター・白砂糖は使わず

埼玉県産小麦粉・国産菜種油や

出来る限り無農薬

オーガニックなものを使用

 

特別な日のお菓子ではなく日常に寄り添う

素朴でからだにやさしい「おやつ」を

ひとつひとつ心をこめてつくってます

※おやつ屋cachecache様のzineを引用

 

びっくりするぐらい素敵すぎる、

抹茶とホワイトチョコのマフィンと

キャラメルナッツのマフィン

 

このコーヒー豆には

やっぱそうこなくちゃ。

 

週末まで待った甲斐があった

しあわせな、おやつタイム。