four dramatic factory

...the fact of a certain man.

true figure

f:id:fourdramaticfactory:20220101152345j:plain

 

いずれこうなることぐらい分かっておりましたが、

その程度は私の予想を遥かに超えるものでした。

 

なんつーか、

ぐにゃぐにゃにひん曲がって波打ってます。

 

これが無垢材最大のデメリット。

長年乾燥させた材だったらまだしも、

これはそうでもなかったから仕方がない。

 

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20220101152715j:plain

 

写真だと、くにゃ?ぐらいにしか見えませんが、

実際は、ごっりごりにぐんにゃりんこなのです。

 

もはや修正不可能。

 

とても気に入ってた天板でしたが、

このさきテーブルとして使用することは難しい。

 

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20220101153137j:plain

 

とはいえ、これまでの功績を考慮すると、

決して捨てるわけにはいかない。

 

よって、

しばらくはベッドの下で反省してもらいます。

 

ひょっとすると、

 

俺が間違ってたよ!

今後はもっと真っ直ぐに生きてみせるから!!

 

・・・などと、更生するかも知れませんし。

 

 

fourdramaticfactory.com

 

 

見込みがなければ、

そのうち何かに作り替えようかな。

切ったり彫ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・で、この天板を外すと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20220101153750j:plain

 

お前、本当はこんな顔してたんだね。

 

下に隠されていたその木肌は、

意外にもどストライクでした。

 

直径は38cmなので、

テーブルとしては少し狭いけど。

 

 

 

f:id:fourdramaticfactory:20220101155109j:plain

 

色合い的に椅子との相性も良さそうです。

 

食卓とするには小さいかもしれませんが、

最近はこれで丁度良いくらいの食事量ですし、

狭い場所で作業する訓練にもなります。

 

カフェとか、

新幹線三列席の真ん中とか、

飛行機のエコノミークラスとか。

 

ちなみに、

上記場所の2021年度利用率は0%です。

2022年度も今のところ予定はありません。

 

それが私の素顔。

 

 

・・・えーと、

備えあれば憂いなし。

 

でしたっけ?